あなたはルナベル®配合錠を使用されている、あるいは使用される予定の患者さん、またはそのご家族の方ですか?

富士製薬工業株式会社
副作用と注意点

副作用と注意点SIDE EFFECT

ルナベルの副作用

飲み始めの頃、次のような症状があらわれることがありますが、通常は飲み続けることによってみられなくなります。しかし症状がひどい場合や、なかなか治まらないときは医師に相談してください。

  • 周期の途中に起こる軽度の出血
  • 休薬期間に月経様出血がこない
  • 軽度の吐き気
  • 頭痛など
ルナベルの副作用

服用中に注意していただきたいこと

ルナベルを服用すると、血栓症(血管内に血のかたまりが詰まる病気)を発現する可能性があります。

血栓症の早期発見のためにも定期的な診察を受けてください。

こんな症状があらわれたら

非常にまれですが、服用中に次のような症状があらわれたときは、すぐに医師に相談してください。

ルナベルの副作用

次のような症状があらわれた場合は、すぐに飲むのをやめて救急医療機関を受診してください。

  • 突然の足の痛み・腫れ
  • 手足の脱力・まひ
  • 突然の息切れ、押しつぶされるような胸の痛み
  • 激しい頭痛、舌のもつれ・しゃべりにくい
  • 突然の視力障害(見えにくいところがある、視野が狭くなる)など

次のような症状があらわれた場合は、血栓症の疑いがあります。症状が軽くても飲むのをやめてすぐに医師に相談してください。

  • 足の痛み
  • 腫れ
  • しびれ
  • 発赤
  • ほてり
  • 頭痛
  • 嘔吐(おうと)・吐き気 など

次のような状態になった場合、飲むのをやめてすぐに医師に相談してください。

  • 体を動かせない、脱水 など

上記のような症状があらわれた場合や該当する状態で他の診療科や他の医療機関を受診する際には、このお薬を飲んでいることを医師に伝えてください

長時間同じ姿勢でいたり、水分が不足したりすると血栓症が起こりやすくなります。適度に体を動かしたり、こまめに水分をとるようにしましょう

ページトップへ